禁煙治療について学びましょう

最近では禁煙外来という診療科目がありますが、どのようにして禁煙治療をしていくのかをこちらではご紹介していこうと思います。禁煙治療を受けることによってスムーズに禁煙ができますので禁煙したい方は参考にしてみてください。

禁煙治療に用いられる薬とは

現在の日本は喫煙者に対する風当たりが強くなっている傾向があります。公共施設では禁煙のところが多くなり、喫煙スペースがある場合にも施設の端の方や、屋外に設置されている場合が多いです。また、喫煙による健康被害ははっきりとしており、閉塞性肺機能障害や肺がんのリスクが高くなります。そのため、禁煙したいと考えている人は多いのではないでしょうか。そのような人におすすめなのが禁煙治療薬です。テレビコマーシャルなどでも多く流れているので興味がある人も多いでしょう。禁煙治療を行っている病院やクリニックなどで処方してもらうことが出来ます。
所定の条件を満たす場合には禁煙治療に健康保険を利用する事が出来ます。健康保険を利用した場合の治療の流れを説明していきます。治療は12週間かけて行われ、その間に5回の診察を受けます。最初の診察では現在の喫煙状況などから健康保険が使用できるかどうかが確認されます。その後の診察では禁煙補助薬の処方を受けたり、息に含まれる一酸化炭素濃度の測定や状況に応じた医師のアドバイスを受けることとなります。医師と一緒に行うことで、一人よりのときよりも楽に禁煙することが可能となります。
禁煙のために用いられる薬はファイザー社が開発したチャンピックスという薬です。チャンピックスは禁煙のための飲み薬であり、二つの効果を期待することが出来ます。タバコを吸うと脳のニコチン受容体という部分にニコチンが結合することによって快感を感じる物質であるドーパミンを放出します。これがタバコをやめられない原因ですが、チャンピックスはこの受容体に結合することで、ニコチンが結合した場合よりも少ないドーパミンを放出させます。適度にドーパミンを放出させることで、ニコチンが切れたときのイライラなどの不快感を軽減させてくれるのです。さらにチャンピックスはニコチンが受容体に結合するのを邪魔する役割を果たします。そのため、禁煙中にタバコを吸ってしまったとしてもおいしいと感じることができなくなります。そのため、タバコによる満足感が感じにくくなり、禁煙を助けることが出来るのです。
チャンピックスの試用期間は12週間が基本となります。大事なのは途中で中断しないようにすることです。禁煙治療を受けた回数と禁煙成功率との関係の統計がすでに出ており、初回でやめた場合には成功が6.5パーセントしかないのに対して、最後まで診察を完了した場合には約半数の人が禁煙に成功しています。
▼おすすめの禁煙補助薬
チャンピックスの効果を実感